忍者ブログ
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

92f80901.png

プロフィール
名前:しい (♂・13歳)
名前:ちあ (♀・10歳)
種族:人間
生い立ち
海を隔てた遠い島国の出身で、学者である父親の研究費を稼ぐため遠い大陸で行商人として各地を二人で旅をしている。
算術の得意な兄が金品の細かいやりくりをし、大陸の言葉が話せない(ということになっている)兄に代わり妹が売り子の役割を果たす。
母が商人の娘だったので商売のノウハウを叩き込まれ大陸に渡って2年が経ったが最近軌道に乗り始めた。
当初は、父(ヴァーダ)の研究テーマである「魔術における人工空間内の物体の転移」の実験を兼ねて、実家と繋がることのできる箱で、地元の特産品などを船などの労力を使わずに運び出すことでローコストで物品を販売していたが、兄のしいがこの行為は密輸と変わらないと反発し、1年足らずで方向転換。
大陸各地で仕入れた品で細々と商売を行う方式に切り替え現在に至る。箱は実家との接続を切り、やたらと物が入る小さな物置として重宝されている。
特徴(しい)
極度の人見知りでうつむき加減、人と目を合わせることができないので前髪を伸ばし、ぶつぶつしゃべり始めたかと思えば理解できない数字の羅列だったりと、気味悪がられることが多いが、実際は全て先入観。
ただの恥ずかしがり屋で、気張れば大人にも物怖じせず話すことができ、日が落ちてくると視界が暗くなるので妹と同じように前髪を上げ顔を出し、数字を喋り始めるのは売り上げの会計を紙を使わずに頭で行っているだけ。
父親から人体改造実験を受けている。具体的には魔法空間に対する人体の耐久度を計測するなど、およびその強化。サバイバルが強くなるなど、将来的に役に立つ強化は施されていない。
箱は、長期使用するための実験の一環なのでしいとしてはこの箱を使うことすらためらっている。が非力な自分が妹を飢えさせないようにするためには使うしかないと割り切っている。
性格や感性が淡白で、表情の感情表現が苦手。嬉しい時でも笑えずとりあえず口が開いてしまう。こんな性格になったのもそもそも親父のせいだが、恨んでいいのかそれとも尊敬していいのかもわからず現時点では、妹を父から離れさせることができたので満足している。
肌が黒いのは小さい頃からちあが暑くないように日陰を自分の体で作っていたのでそのため。
もう妹さえそばに居てくれれば何でもよく、いつか親父の作った空間に飲み込まれて出てこれなくなって死んでも一緒にいた時間があったということだけで十分という末期的な思春期。
特徴(ちあ)
明るく仲良く元気良くをモットーに大陸の言葉はまだ完璧じゃないけれど、舌ったらずに接客する。
品物の紹介など細かくつらつら言えるあたり、記憶力が良いようだが、容姿や言動などに隠れてしまいがち。
大陸ではしい・ちあと名乗っているが島での名前とは別なので時々混乱して自分のことをしあ・ちいと言って自己紹介してしまうことがある。兄は訂正してくれないのでそのまま。顔見知りにはわざと両方あわせた名前で呼ばれる。
初対面の客には、兄は大陸の言葉が話せないから自分が接客させてもらう。と断るがちあが恥ずかしがり屋の兄を気遣って付き始めたうそ。実際入荷の際の交渉は兄が行っている。
父親からの実験は一切受けておらず、空間魔術の耐性が全くついていないので箱にさらさせてもらえない。
箱の危険性は理解していて、大人になれば自分の力で荷物を持てるようになり兄の心身的負担もなくなると信じている、が同世代に比べると身長は低め。
イベント
旅先で何度か出会う子供の行商人。
ミルド一行とたまたま同じ宿で商売をしていたが、昼間から兄の様子がおかしい。話しかけてももちろん無言、フラグが立ったところで就寝。
夜中、雑魚寝している男部屋のドアが激しく叩かれ、開けたところ兄のしいが泣きながら飛び込んできた。
彼はひどい熱で、錯乱気味に妹が薬草を取りに森に行ったかもしれないことを伝えた。何でもするから妹を助けてくれと頼まれ、お前喋れるのかよの突っ込みもままならないまま夜中の森へ。
向かったところ、ちあはベルローズに襲われていて腰が抜けて歩けなくなっていた。
ここで強制戦闘。

イベント終了後
ちあに話しかけると珍しい品をお駄賃で、隣の町へ行くための護衛を依頼されるようになる。
しいに話しかけると相変わらず無言だが、ランダムで怖ろしく長い愚痴(このときうっかり生い立ちを話している)が聞けるようになり3回聞くと簡単な算術ミニゲームで遊べるようになる。




クソ長い設定。

一気に二人。
こんなに長い設定を毎度たたき出す自分がなんか申し訳ない。編集する管理人さんは本当に凄いと思います。
そしてご多忙な身であられるというのに。orz
僕も頑張ろう・・。

ところで、本心的な語りは追記。


はいはい、しあの話ですね。
この二人はびっくりするくらい基盤のオリキャラも居ないし、迷わずすっとキャラが固まりましたね。なんでかね。
そうだよ。煮豆はキャラを考えるときは2人、恋愛的な意味ではなく男女ペアを考えてキャラ固定させるのですYO.
というわけでワンセット。
実はあの絵・・・・全身図だけなんだ・・。全身図じゃなくて投稿したほうの絵は・・まあ例の通りちょっと気に入らない。
しいの顔が汚い。
本家のブログのほうには綺麗にしたんだけどね。
こいつらも描き直したい要因。
そしてこの二人を投稿した時点で、10歳13歳14歳。子供しか投稿してない。
うぼあー。
まあ、子供が好きってことにしてくださいよ。ロリショタ好きってことにしてくださいよ。
一応この時点ではそんなに子供子供してるヤツが少なかったから、まあいいやよっしゃ!と思ったというか。

しい個人の語りはあれですよ。
エロゲの主人公みたいなデザイン。
子供だから許して。
色黒なのはもはや日焼けに加えて血色が悪くなってる。皮膚の代謝が悪いのかまあ、そういうことで。
兄貴じゃなくて親父の人体実験にて。ただこれどうやったのかね。薬の服用ってことになってるけど他にも色々やってると思われる。
まあ、虐待はしてないんじゃない?
性格はいたって真面目、生真面目。クソ真面目。
多分本当に良い子。
ちなみに投稿した時点では彼の顔は決まってなかった。
うっかり僕がこんなヤな設定にしたにも関わらず、両親募集☆とかかけちゃったおかげで、コイツの顔が未定になってしまった。もしかしたら親父を名乗る人物が現れるかもしれないという期待によるものです。
親父似。

ちあのネタね。うん。
腹黒。
小説書いたら凄い腹黒だということが露呈しまして。
まあ、可愛子ぶってるだけじゃ生き残れないと思ったんでしょうかね。
腹黒で兄貴大好き。だけど微妙に兄貴も最優先順位に居るわけではなさそう。
性格の悪い子ですね。
兄貴が我慢する子だから、それを目の前で見てきた妹としては納得できない内容で諦めたり、我慢したりするのが嫌い。まだ僕の中の暗いワールドでもがこうとしてるようだ。
最近、魔術士系の友達が出来たらしい。
果たしてそちらの子の前でも腹黒を披露しているのだろうか。
でも、あんまりちあは可愛くない子だからな~。正直大丈夫なんだろうか。
小さい子供で腹黒嫌いな人もいるんだろうし。

見た目以上に頭が良かったり。
別に僕は子供みたいな外見で頭が良いには好きだけど、生意気が過ぎるのはちょっとアレだ。
可愛い範囲で身の程をわきまえないんだったらそれは愛だけど、子供みたいな外見で頭が良くて、大人より実力があったりしたらそれは設定負け。
ありえない。そんな子供。
んで、また子供みたいな外見だが、年はピーーーだったりな。
そういうの、僕もそろそろ卒業しないとな・・・。
オリジ本家の小説に何人かいたよ・・、まあそういう特徴をもった一家ってことにしたけど。
なので、こちらではちゃんとした人間模様を書きたくなった。オリキャラRPGで何をしているんだ。
今思うとちょっと場違い。
自分の庭でやるべきだったな。
まあ、バランスとりだと思って欲しいな。

拍手[0回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[09/15 イズ]
[08/31 ネピア]
[01/13 イズ]
[01/12 パトリシア]
[05/19 みえさん。]
最新記事
最新トラックバック
(05/16)
プロフィール
HN:
煮豆伊豆
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]